建設業と地域の元気回復助成事業とは

この「Let’s Enjoy 島チャリ」事業は、国土交通省が平成21年から22年度にかけて実施している「建設業と地域の元気回復助成事業」の一部として、国の助成を受けて「八丈島活性化協議会」が実施している事業です。
地域の建設業は、地域経済や雇用のそれぞれ約1割を担う基幹産業ですが、建設投資の減少、価格競争の激化、昨今の景気の後退等、地域の建設業を取り巻く経営環境はかつてない厳しい状況となっているとともに、地域経済も厳しい状況となっています。
こうした状況の中、建設業の保有する人材、機材やノウハウ等を活用した農業、林業、福祉、環境、観光等の異業種との連携や複業化等により、地域づくりの担い手である建設業の活力の再生、雇用の維持・拡大や地域の活性化を図ることが求められています。
こ のため、地域における問題意識を共有した上で、建設産業団体や地方公共団体など地域関係者が協議会を構成し、地域の合意形成等を促進しながら、異業種との 連携等による地域活性化に資する事業の立ち上げを支援するために国土交通省が実施したのが、この「建設業と地域の元気回復助成事業」なのです。
IMG_1288

八丈島では、八丈町、八丈町商工会、八丈島観光協会、(一社)八丈島建設産業協会、(株)JTB首都圏にて「八丈島活性化協議会」を結成。電気自転車のレ ンタルシステムを構築した上で電気自転車を利用し、サンゴの養殖を体験できるエコツーリングを観光メニューに設ける「自然エネルギーで走る電気自転車とサ ンゴ養殖を活用したエコツーリズム事業」を提案し、全国53の協議会の一つとして採択されました。

 

参考

国道交通省 建設業と地域の元気回復助成事業の募集について

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/const/sogo14_hh_000060.html

新聞記事 建通新聞社

http://www.senmonshi.com/archive/01/01787NLR01U79O.asp