無線の路 その11

20060520-27-thumb

徐々に三原山山中に入ってきたのだが、木々が多いので、真夏でも下界より空気が冷たいというか爽やかなのだ。
この道を使って樫立方面に向かう人は少ないため、道路の真ん中を歩いてもなんら問題ないが、時折車がやってくるので注意しよう。

[map:33/6/2.828,139/48/12.894:SD]

無線の路 その10

20060517-26-thumb

やや勾配がきつくなってきたのか、ヘアピンカーブが続き始める。
アスファルトではなく、ちょっと年季の入ったコンクリート路面で、この道が防衛道路と呼ばれているのは、戦時中に作られたからで、道の幅は戦車が通れるのを基準にしていると聞いたことがある。

[map:33/6/5.266,139/48/10.997:SD]

無線の路 その6

20060512-29-thumb

無線の路というか電気の銀座ともいわれる道を登っているのだから八丈島の電力関係についてしらべてみると、八丈島に初めて電気がついたのは、1927年(昭和2年)の9月28日に大賀郷村とのこと。
およそ80年前の話なのだが、そんなに昔でないことにちょっと驚いた。

[map:33/6/16.693,139/48/0.515:SD]