大里昔の路 その8

20051102-38-thumb

八丈八景の一つで「大里晩鐘(おおさとばんしょう)」として詠まれた場所。
かつてこの地には宗福寺(そうふくじ)と長楽寺(ちょうらくじ)があり、島民に時刻を知らせるために、朝夕鐘を撞いていたが、現在は両寺とも移転してしまったため、ただ風景のみが残っている。