無線の路 その6

20060512-29-thumb

無線の路というか電気の銀座ともいわれる道を登っているのだから八丈島の電力関係についてしらべてみると、八丈島に初めて電気がついたのは、1927年(昭和2年)の9月28日に大賀郷村とのこと。
およそ80年前の話なのだが、そんなに昔でないことにちょっと驚いた。

[map:33/6/16.693,139/48/0.515:SD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です