宇喜多秀家と豪姫の石像

20051003-25-thumb

平成9年に岡山城の開城500年を記念して岡山市が行事を行い、その一環として八丈町が設置した石像。
流刑後離ればなれになってしまった宇喜多秀家と豪姫だか、現在は並んで南原千畳敷から八丈小島を眺めている。その先には岡山城があるそうだ。
また、ここは夕陽の素晴らしい場所であり、八丈島で最も夕陽を見ている二人なのかも知れない。
[map:33/6/4.073,139/45/32.144:MW]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です