ロベ雌雄原株とロベ感謝の碑

20051114-46-thumb

八丈島で「ロベ」と呼ばれ、親しまれているフェニックスロベロニー(シンノウヤシ)は、大正8年(1919年)に横浜植木株式会社が八丈島に持ち込んだもの。
この「ロベ感謝の碑」の左右にある雌雄の2株が八丈島のロベの祖先なのだ。
現在の八丈島の重要な農業生産品であり、ロベの切り葉と鉢物は全国の90%が八丈産となっている。
海外にも輸出しているそうだ。
有限会社山田屋さんの情報によると、遙かパリのドゴール空港の観葉植物として「ロベ」が置いてあったとの事。
もしかしたら、この2株の子孫で八丈島産である可能性があるかもしれない。
[map:33/3/51.037,139/49/40.522:MW]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です