ヒレナガカンパチ(鰭長間八)

20050712-1-thumb

学名:Seriola rivoliana
科:アジ科
体長:90cm
撮影地:乙千代ヶ浜/水深 7m

カンパチと比べ、第2背鰭の前方が鎌状に伸びているのがヒレナガカンパチなのだが、八丈島の海でダイビングした際にはヒレナガカンパチのほうが圧倒 的に出会う確率が高く、カンパチを見かけたらヒレナガカンパチと思ってほぼ間違いない。それはカンパチより分布域が南だからだろうか。
またダイバーのエアーを小魚の群と勘違いし、集まってくる事あり、時には周囲を回ってくれたりと、なかなかフレンドリーな一面もある。
漢字書くと「間八」。この和名の由来は、正面から見ると眉間の模様が漢字の八の字に見える事から「間八」と名が付いたのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です