無線の路 その5

20060501-27-thumb

しばらく何も変わりない風景が続くのだが、ふと人工的な大きな石の柱が道の右側に出現。
写真では黒くてわかりにくいのだが、これはかつて鴨川から水をひくさいに、水道管をわたした名残。
八丈島の年間降水量は約3073.2mmで、屋久島(鹿児島県)、尾鷲(三重県)に次いで全国3位。
離島としては水に恵まれた島なのだ。
[map:33/6/20.055,139/47/56.672:SD]

無線の路 その4

20060425-5-thumb

さてさて、歩き始めてしまった後jなのだが、この路が「無線の路」と名付けられたのは、三原山にある無線中継基地局につながっているからなのだ。
ちなみに八丈島ではNHK総合とNHK教育、そして東京にある民放5局と、UHFのMXテレビが見られ、FMはNHKとFM東京が聞ける。
FMが少ないのがちょっと残念だ。
[map:33/6/26.104,139/47/50.183:SD]

無線の路 その2

20060422-27-thumb

出だしから結構急坂だったりするのだが、この先は左右に道が蛇行しながら、さほど急ではない道が続く。
右側には、東京電力の内燃力発電がある。
島の多くの電気はここで発電されているのだが、今歩いている道を電気も駆け上がり、坂上方面にも供給しているらしいく、かつてこの道を案内してもらった花の先生曰く、「この道は電気の銀座通り」との事である。
[map:33/6/28.121,139/47/47.988:SD]

切り通しへの路 その16

20060419-24-thumb

ふとふり返ると、今通ったばかりの切り通しがちょっと違う感じで見える。
この光景は大坂トンネルが出来る以前に、大坂越えで、ようやく切り通しまで辿り着き、ホッとしたときにみれた光景と同じものなのだろう。
これにて切り通し編は完結です。
[map:33/4/50.272,139/47/10.608:SD]