メガネゴンベ

20051116-29-thumb

和名:眼鏡権兵衛(めがねごんべ)
学名:Paracirrhites arcatus
科:ゴンベ科
体長:12cm
撮影地:ナズマド/水深 15m

普段は珊瑚の上にちょこんと乗っているが、ある程度の距離内に入ると、素早く珊瑚の下に隠れてしまう、用心深い「メガネゴンベ」
目の後ろにあるU字が眼鏡の由来だが、このデザインがいったい何を意味しているのかはわからない。
目を大きく見せようとしているのだろうか?不思議だ。

ハナミノカサゴ

20051114-42-thumb

和名:花箕笠子(はなみのかさご)
学名:Pterois volitans
科:フサカサゴ科
体長:20cm
撮影地:旧八重根港/水深 7m

小さいときや若いときは目を、開いたヒレが目を見張るほど美しいハナミノカサゴ。
でも老成魚になると、誰も見向きはしないというか、背びれに毒を盛っているので、位置は気にするが、近づく事はないのだ。

ヒメクサアジ

20051113-27-thumb

和名:ひめくさあじ
学名:Metavelifer mutiradiatus
科:クサアジ科
体長:20cm
撮影地:ナズマド/水深 20m

ダイビングで出会うのはかなり稀らしいのだが、冷たい水域がすぐ側まで迫ってきている時のナズマドで何度か見かけた「ヒメクサアジ」。
通常はもっと深い所に住んでいる魚なので、20m前後まで上がってくると、向こうも「ここはどこ?」っというような感じで、やや不安げに泳いでいるような気がする。

キンセンイシモチ

20051112-26-thumb

和名:金線石持(きんせんいしもち)
学名:Apogon properuptus
科:テンジクダイ科
体長:6cm
撮影地:旧八重根港/水深 10m

ちょっと岩場の隙間のような場所を探せば、大抵出会えるキンセンイチモチ。
英名をGoldstriped cardinalfishといい、英語でも金色の線が名前に入る。
通常は群れている事が多いが、産卵期を迎えるとペアになり、メスが生んだ卵、オスが口の中でふ化するまで大事に守る。この間、オスは絶食し子供達の成長を待つのだ

ヒオドシベラ

20051111-36-thumb

和名:緋嚇倍良(ひおどしべら)
学名:Bodianus anthioides
科:ベラ科
体長:6cm
撮影地:ナズマド/水深 25m

この写真の個体は、幼魚と成魚の中間くらいだろうか。
幼魚の時はオレンジ色が強く、かなりかわいらしいが、大きくなるにつれ、赤黒くなり、目つきも悪くなる。
それでも人気の魚で、出会える確率が少ないだけに、見つけた時はかなり嬉しい。
20051112-24-thumb
またクリーニング魚(幼魚期のみ?)であり、他の魚の寄生虫類を取ってあげる偉い魚なのだ。
20051112-25-thumb
緋嚇(ひおどし)とは緋嚇の鎧の事らしい。

ミナミハコフグ(yg)

20051109-23-thumb

和名:南箱河豚(みなみはこふぐ)
学名:Ostracion cubicus
科:ハコフグ科
体長:2cm
撮影地:ナズマド/水深 7m

小さければ小さいほどキュートなミナミハコフグの幼魚。
まるでサイコロの様な体で、小さなヒレを動かす姿は誰もを魅了する。
でも、ちょっとでも成長してくると、誰も見向きもしなくなるから不思議だ。

ヌノサラシ

20051105-37-thumb

和名:布晒(ぬのさらし)
学名:Grammistes sexlineatus
科:ハタ科
体長:10cm
撮影地:底土/水深 12m

岩の隙間をのぞくと「のぞくなよ!」という感じで顔を出すヌノサラシ。
特に珍しいわけでもなく、どことなく地味さが漂っているので、多くのダイバーの被写体対象になってない。
そのせいかどことなくふてくされている感じに見えるのだ。

テングダイ

20051104-25-thumb

和名:天狗鯛(てんぐだい)
学名:Evistias acutirostris
科:カワビシャ科
体長:40cm
撮影地:底土/水深 12m

夏場でダイバーの数が多い時期をのぞき、底土の三つ又アーチに住むテングダイ。
他のポイントでもかなりの群れを見る事もある。
テングダイの最大のポイントは顎髭。
脅かさないように、ゆっくり近づいて観察してみよう。

ハタタテハゼ

20051101-23-thumb

和名:旗立鯊(はたたてはぜ)
学名:Nemateleotris magnifica
科:ハゼ科
体長:6cm
撮影地:ナズマド/水深 15m

ツンツンツンという感じで泳ぐより、その場にとどまるようにホバリングするハタタテハゼ。
ペアでいる事が多く、あまりに普通にいるので、ほとんど気にかけないが、おなかの辺りから尾びれにかけての赤から黒へのグラデーションがかなり美しい魚。

ハマフエフキ

20051027-23-thumb

和名:浜笛吹(はまふえふき)
学名:Lethrinus nebulosus
八丈名:ハマフキ
科:フエフキダイ科
体長:90cm
撮影地:旧八重根港/水深 7m

他のダイビングポイントでも見られるが、旧八重根港で潜った事のある人なら、たぶん出会っているフレンドリーなハマフエフキ。
ほとんど逃げずに一定の距離を保ちつつ一緒に泳いだり、後からついてきたりする。そしてエキジット方面に進むと名残惜しそうな悲しい顔をして去っていくのだ。
このハマフエフキの好物はウニ。
しかも食べ方が大胆にも棘がついている丸のままの状態でバリバリ食べる。でも、ときたま唇に棘が刺さり、食後に楊枝くわえているようなハマフエフキもいるのだ。