大潟浦園地

20050713-5-thumb

MAP

■シャワー(水)、更衣室、トイレ
晴れているなら、お弁当を持って出かけるのに最適な「大潟浦園地」
気持ちよく広がる芝生で、潮騒を聞きながら昼寝するも良し。通称休憩所と呼ばれている屋根のある「石小屋」で、潮風を感じながらビールも持ち込むも良し。また炉が複数あるので、バーベーキュをするのも楽しいぞ。
※デイキャンプは可能ですが、テントをはって泊まることは出来ません。

ヒレナガカンパチ(鰭長間八)

20050712-1-thumb

学名:Seriola rivoliana
科:アジ科
体長:90cm
撮影地:乙千代ヶ浜/水深 7m

カンパチと比べ、第2背鰭の前方が鎌状に伸びているのがヒレナガカンパチなのだが、八丈島の海でダイビングした際にはヒレナガカンパチのほうが圧倒 的に出会う確率が高く、カンパチを見かけたらヒレナガカンパチと思ってほぼ間違いない。それはカンパチより分布域が南だからだろうか。
またダイバーのエアーを小魚の群と勘違いし、集まってくる事あり、時には周囲を回ってくれたりと、なかなかフレンドリーな一面もある。
漢字書くと「間八」。この和名の由来は、正面から見ると眉間の模様が漢字の八の字に見える事から「間八」と名が付いたのだ。

カキラン(柿蘭)

20060708-3-thumb

科:ラン科
学名:Epipactis thunbergii
花期:7月
分布:北海道、本州、四国、九州
撮影:2005年7月8日/三原山

花の色が柿の色と言うことでカキランと名が付いた。
八丈島では、流れてはいないけどジワジワと水がしみ出す、日の当たりが良い斜面で見ることが出来る。

富士橋

fujibasi

八丈島の八丈富士側は土質が玄武岩溶岩とスコリアのため、水はけがよく、通年流れる川は一本もない。でも、時折降る大雨の流れるコースは決まっているようで、八丈富士周りにも数カ所の橋がある。
その一つである「富士橋」。
都道から八丈ビューホテル側に進む道をのぼり、ホテル前を通り過ぎて道なりに進むと、「富士環状林道」の標識があり、左に曲がって林道を歩くこと30分。
橋としてはあまりに小さく、見落としてしまいそうだが、「富士橋」と書かれてた欄干には、コケの付き具合なんだか歴史を感じる趣がある。

ここまで歩いてきたら、さらに進んで、鉢巻き道路を目指そう。

ハマゴウ(浜栲)

hamagou

科:クマツヅラ科
学名:Vitex rotundifolia
八丈名:ぼーのつら
花期:7月・8月・9月
分布:本州・四国・九州
撮影:2005年6月30日/ポンプ台

八丈島の初夏というか梅雨の後半に咲き始める。
海が間近に迫るような場所で、枝を這うように伸ばし、淡青紫色の花を無数に咲かせ、八丈島の溶岩質で黒い海岸線に彩りを加えている。