栃木研究所内 垂直軸型ベルシオン式風車(1段) 自然風試験データ

 

垂直軸型ベルシオン式風車(1段)、風車直径2.0m、翼長2.5mのデータを公開いたします。この風車は平均風速1.0m/s程度から回転を始め、平均風速1.5m/sぐらいからバッテリーへ充電できます。垂直軸型ではありますが、パワー係数0.4を超えています。

栃木研究所内 垂直軸型ベルシオン式風車 自然風試験データ(2007.2.16)

2007.02.16-1

昨日は快晴でしたが、とても風が強い一日でした。栃木研究所内に設置している垂直軸型ベルシオン式風車(3段)も一日中回りっぱなしでした。(映像は2月7日の投稿を御覧ください)
それでは最新データを取りましたので公開しようと思います。
回転数が安定していますので発電出力もきれいなカーブを描いています。
データを確認すると瞬間風速8.6m/sの時、発電量は745Wに達していました。この垂直軸型風車のサイズからするとすごい発電量なんですよ・・・本当に!
平均風速6.5m/sで平均発電量が418Wというと、パワー係数は0.4を超えています。高効率といわれるプロペラ型風車に匹敵するパワー係数です。

栃木研究所内 プロペラ型ベルシオン式風車 自然風試験データ(2007.2.4)


2007.2.4-2

昨日もとても天気がよく、風も吹いている絶好の計測日和でした。
瞬間風速13.8m/sもの強風がありましたが、しっかりと風に正対しエネルギーに変換してくれました。
前回と同じ風車ですが、今回の試験では何と・・・613.2Wも発電しています、ほんと驚きです!

栃木研究所内 プロペラ型ベルシオン式風車 自然風試験データ(2007.2.2) 

今日も栃木県は雲ひとつない快晴で風もあり、風力発電にとっては最高の天気になっています。

朝から静かではありますが勢い良く風車は回転しています。
それでは、本日とれたての最新試験データを公開いたします。

 

 

瞬間風速9.8m/sのとき発電出力370.2W、回転数517rpmというものすごいデータがとれました。
またグラフをみると風速の波形と回転数の波形がぴったり合っていますので、風向に対して瞬時に正対しているのがはっきりわかります。

栃木研究所内 プロペラ型ベルシオン式風車 自然風試験データ(2007.2.1) 

2007.2.1-2

昨日はとても天気がよく、風も吹いている絶好の計測日和でした。
お約束通り、最新のプロペラ型ベルシオン式風車の自然風試験データを公開いたします。 翼直径は0.9mとマイクロ風車ですが、発電出力効率はとてつもな く良い結果が出ています。我々も計測器が故障しているのでは?と思ったくらいです。計測器メーカーに確認してもらいましたが、間違いないとのことです。  1月29日に公開した風洞試験の翼と同サイズですが、発電効率は2.5倍程になってしまいました???
ちなみにこのプロペラ型ベルシオン式風車に取付けている発電機は㈱スカイ電子製です。
詳しくは・・・ ㈱スカイ電子ホームページhttp://sky-denshi.co.jp/まで

プロペラ型ベルシオン式風車の風洞試験データ公開

 


画面をクリックすると拡大できます

以前、足利工業大学でプロペラ型ベルシオン式翼の性能試験を行いました。その風洞試験データの一部を公開いたします。今までにない発電効率として足利工業大学副学長の牛山教授からも高く評価を頂いております。
また現在、栃木研究所で同サイズのプロペラ型ベルシオン式風車の自然風試験データを取得中です。
近日公開予定となっております。