《光るキノコ》ですが・・・

2017.8.18

昼間見ると、こんな感じです

“ロベ(フェニックスロベロニー)”の幹の部分に発生している物です。

白くて、“エノキ”を想像してもらえば良いかと思います。

《傘(かさ)》表面は少し濡れていて、《柄(え)》の部分は意外と細いです。

自然の状態で発生する物は、《傘》は大きくても1cm程の大きさです

栽培されていて、【八丈島植物公園】等で展示されている物には

500円玉程になる物もあるようです。 さて、これが夜になると・・・

残念!! 時間が無くてこの《光るキノコ》の夜の撮影は出来ませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です