四中記録会とか

今日は書きたいことがいくつかあるのだが、
まずは、このニュース

唯一の国産旅客機YS―11がラストフライト

ついに今日でYS-11が民間の航空路線から完全引退となった。
このニュースについては朝からTVでも何回も報道されているので
お気づきの方も多いだろう。

しかし寂しい。
それでも、自衛隊や海上保安庁のYS-11はまだ飛び続けるし
海外の路線でもまだ飛び続けているので、どうにかして乗る機会をもちたいものだ。

次に、四中記録会。
明日10月1日は四中記録会だ。

伊勢崎光治

この名前をみてピンとくる人は四中記録会好きの人だろう。

中学校3年生の100m記録 11秒6
中学校3年生の走り幅跳び  6m32cm
あと、数字は忘れたが、1年生と2年生の走り幅跳びの記録も
持っている。

この人は、ちなみに私の叔父なのだけど
こういうことを書くと、私自身も運動万能に思われがちなのだが
ぜんぜんそんなことはない。

そんなことはないどころか、四中記録会の思い出といえば
標準記録ぎりぎりで予選通過し、
記録会本番ではビリになるというような感じだった。

本当はあまり出場したくなかったのだけど
そうするとクラスで出場しないのは自分1人だけという状況で
この状況も避けたかったので、ジレンマに陥っていたものだ。

記録会というと、私にとっては切ない思い出しかないわけだけど
今となっては話のネタになるのでいい思い出だ。

明日の記録会では出場する人もしない人も、
それぞれに頑張ってほしいと思う。

あと、明日は大食い選手権の放送がある。
予選の模様が 午前10:00~
本選の模様が 午後8:00~
テレビ東京で放送される。

現チャンピオンの山本卓弥か、
爆食女王決定戦を制したギャルソネこと曽根菜津子
の事実上の一騎打ちというのが僕の予想。

第2世代のジャイアント白田などは、実力の上積みが見込めないと思うので
若い二人に比べると、やや劣る気がする。

あとは新星の登場に期待をしたいところだ。

見逃すな!

売るものがない

20060927-1

20060927-2

今日の青果売り場と乳製品の売り場。
売り切れ御礼だったら嬉しい悲鳴なのだけど、
当然そんなことはなく、商品の入荷が滞っているために、
本当に売るものがなくなってしまった。

土曜日入荷分の商品から来ていないので
かれこれ5日間入荷がないことになる。

おそらく、あすは船は入港すると思うので
この状況は今日で終了する予定だが入荷が待ち遠しい。

天気の回復を祈るばかりだ。

禁煙7ヶ月→7kg減

禁煙生活も7ヶ月が過ぎようとしている。

1ヶ月前にも書いたとおり、禁煙のために特に意識していることはもうない。
今のメインテーマはダイエットだ。

禁煙してまもなくウォーキングをやりはじめ、最初の1ヶ月で2kgもやせた。
このころはタバコのかわりに間食をしまくっているときで、
それでも2kgも体重が落ちたからダイエットなんて簡単なものだと思った。

しかし、そこから体重がまったく落ちなくなり、
それでもウォーキングをしていたから太ることもなかったけど、
間食をしながらのダイエットには限界があるなと感じ始めていた。

ダイエットの2ヶ月目~4ヶ月目まではまったく体重が動かなかった。

そんなある日、知人からこの本を借りた。

博士の異常な健康
水道橋博士
4757212488

本書は水道橋博士が様々な健康法に挑戦しその体験をつづっているもので
育毛とか、加圧スーツとか、視力矯正手術などについてかかれているのだけど
本書の中のちょっとしたコラムのなかでダイエットのことも書かれていて
水道橋博士は水飲みでダイエットをしたというようなことが書いてあった。

これを読んで早速ミネラルウォーターの2Lペットボトルを購入し
1日に4L~6L水を飲むようにしはじめた。
6月下旬のことだ。

前にも書いたが、効果がすぐにあらわれ、間食を一切しなくなった。
また最近は3食の食事の量もだんだんと減ってきている。
胃液が薄まって消化が抑制されてきたのかもしれない。

そういうこともあって、6月下旬から今日まで
5kg体重をおとすことができた。
トータルで7kg減である。

一応、ダイエットの最終目標は17kg減なので
あと10kgで目標達成となるわけだ。

まだ、先は長いが1年くらいかけてじっくりと落としていこうと思う。

主張大会

20060917-1

日の出町の訪問の翌日は、大磯まで移動して関東ブロックの青年経営者の主張大会へいってきた。
東京代表の武蔵村山市商工会青年部の金井さんの応援が目的だ。

20060917-3

主張大会に先立ち、優勝カップを返還する日の出町の越沼さん(昨年優勝者)。

20060917-4

東京代表、金井さんの発表の様子。
今回、初めて主張大会を観戦したのだけど、都大会や県大会を勝ち抜いてきた方々だけあってどの発表も内容に引き込まれるものがあった。また、発表内容の後 ろには、日頃の各地区の青年部の活動が見えてきて、発表者の方は自分の属する青年部を背負ってスピーチしている様子が凛々しく、かっこよかった。主張大会 は自分の青年部が1番だ!というプライドがぶつかりあう場といっても過言ではないと思う。

日の出町の青年部と八丈町の青年部の交流も昨年の主張大会から始まったと思うのだけど、主張大会でお互いの活動内容をぶつけ合うことで、戦ったものにしかわからない感情が芽生えたのかなと思った。

ちなみに優勝は、
山梨県の中央市商工会青年部。
特産品のトマトを使った商品開発の話だった。

発表内容の良さもさることながら、
発表者のスピーチの技術は見事の一言。
プロのナレーターのようだった。

最後になりますが、2日間の行程をずっとともにしていただき、
車で送迎していただいた、
羽村市青年部の小島さん、ありがとうございました。

日の出町訪問<3>

20060916-3

つるつる温泉に浸かったあと、武蔵五日市駅まで大急ぎでもどり、機関車バスを撮影した。
機関車バスは、日の出町の名物であるとともに、これをモデルにしたチョロQを日の出町の青年部が販売し、まちおこし活動をしているわけである。

また最近はバステラというバス型の箱に入ったカステラの販売も行っていて、日の出町青年部とは深いかかわりのある乗り物だ。

どうにか、走行中の姿をカメラに撮ることができてよかった。
近道を駆使して、バスの時間に間に合わせてくれた原田さんありがとうございました。

その後は、3次会まで交流会。
今まであったことのない方ともたくさんお話ができて有意義な時間だった。

日の出町で飲むことはもちろん初めてだったのだけど、本当に地元にいるような感じでリラックスして楽しく飲むことができた。

日の出町商工会青年部の皆さんの暖かいおもてなしには、感謝しております。
ありがとうございました。

日の出町訪問<2>

前回の続き。

商工会館で昼食をいただいたあとに、町内を案内していただいた。

20060916-1

まずは、日米首脳会談の記念碑。
日の出町には中曽根首相の山荘があるそうで、そこでレーガン大統領との首脳会談が行われたそうだ。

20060916-2

これは、白山神社。改築工事中だったのだけど、現場にまで足を踏み込ませてもらった。拝殿に使われている柱や梁の材木がとても太く立派だったのが印 象的だったのだけど、大工さんによるとこの神社の数百メートル以内で採れた木材を使用しているとのことだった。そういえば、車で走っている途中にも材木市 場のような場所を見かけた。

その後、つるつる温泉へ。その名の通り、つるつるした湯ざわりで気持ちよく入浴。

日の出町青年部の皆さんありがとうございました。

商工会の用件で上京しており、本日帰島した。

内容がとても充実していたので
何回かに分けて、今回の上京の様子をUPしていこうと思う。

まずは
日の出町商工会青年部の訪問。

20060914-1

羽田空港から電車を乗り継いで武蔵五日市駅を降りると
改札出口のところで、日の出町商工会青年部の皆さんが
横断幕で迎えてくれた。

わざわざ作り物までしていただいて、気持ちが和む。
3月に八丈でお会いした方もたくさんいらしていて、
懐かしい再会だった。

20060914-2

その後、日の出町商工会を訪問。
舞台の付いたホールがあったり、食品開発室があったり、
カウンターテーブルがあったりと立派な施設だった。

また、駅から商工会に向かう道すがらには
たくさんの「バステラ」ののぼり旗を見かけた。
日の出町商工会青年部の活動が、町中にいきわたっているなと感じた。