母島へ

20080928-1

東京発のおがさわら丸が父島の二見港に到着後すぐに
母島行きの、ははじま丸に乗り換えて母島へ向かった。

ははじま丸の前で記念撮影。
20080928-2
おがさわら丸とははじま丸の荷役風景。

物流好きには、グッとくる景色。

南島上陸

20080927-4

南島上陸目前。

サメ池からの風景。
20080927-5

南島の扇池で記念撮影。

海の青
空の青
砂の白
山肌の緑

コントラストがすごい。

写真では見たことある風景だけど
実際にみると写真の何倍もの美しさを感じると思う。

このあと、扇池でシュノーケリング。

小笠原訪島

oga-1

9月17日(水)に八丈を発ち、
24日(水)に八丈に戻るというスケジュールで
小笠原に行ってきた。

目的はもちろん、小笠原村商工会青年部の訪問だ。

今回は、
都青連 小島会長
日の出町 越沼さん
そして、僕、の3人でお伺いした。

写真は小笠原青年部の理事会で挨拶をする小島会長。
oga-2
小笠原では、通常、このような会議は
おがさわら丸が停泊していない期間に行うそうだ。
(おがさわら丸は一度小笠原に着くと3日間停泊する)

しかし、今回は僕たちの訪問にあわせて、
観光客で賑わう忙しい最中にわざわざ開催していただいた。

議題はいくつかあったが、
小笠原青年部が運営をうけもっているイベント

タートロン

のことなど。

シャキシャキ進行して、ピリッとした会議。

oga-3
理事会後の宴会。

仕事で理事会に参加できなかったかたも
わざわざ駆けつけてくれた。

東京から1000kmも南にはなれたところにいっても
受け入れてくれる人がいるというのは
改めてすごいことだと感じた。

この宴会で同席したかたとは、
この後日も街中ですれ違ったりするのだけど
気軽に声をかけてくれた。

皆さんといろいろ話をし触れ合う中で
小笠原の自然や風土を大切にし、
また誇りをもって活動している様子が窺えた。

同じく島にいきる人間として
忘れてはならない気持ちを教えてもらった気がした。

小笠原村商工会青年部の皆さん、
事務局の皆さん
本当にありがとうございました。

※小笠原の観光記はまた明日以降にアップします